揺らめく炎、幻想的 阿仁合駅周辺、ろうそくの光彩る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
阿仁合駅前の雪山には、4月の全線開通30周年に合わせた「THANKS 30」の文字が浮かんだ
阿仁合駅前の雪山には、4月の全線開通30周年に合わせた「THANKS 30」の文字が浮かんだ

 ろうそくの明かりで冬の街を彩るイベント「第14回スノーキャンドルストリートinあに」が16日夜、秋田県北秋田市の秋田内陸線・阿仁合駅周辺で開かれ、家族連れなどが幻想的な雰囲気を楽しんだ。

 駅前の商店街を含む約1・5キロの通りでは、雪山に開けた穴やミニかまくらの中に、ろうそく約6千本を設置した。午後6時に明かりがともされると、ほのかに揺らめく炎が浮かび上がり、普段の街並みとは違った風景が広がった。

(全文 474 文字 / 残り 274 文字)