医師少数県、本県など16 2次医療圏、北秋田は全国最下位

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 医師が都市部に集中する偏在問題で、厚生労働省は18日、宮城を除く東北各県など16県が、人口や診療需要に対して適正な医師数を確保できていない「医師少数県」となっていることを明らかにした。医師の総数は31万9千人と過去最高を更新している一方、都市部と地方の格差が鮮明となった。同省は、卒業後の一定期間地元で働く大学医学部の「地域枠」を重点配分するなどして、2036年度までに問題を解消したい考えだ。

 厚生労働省が医師の充足状況に関する新指標を明らかにしたことで、秋田県内の医師不足や医師偏在が改めて浮き彫りになった。

 都道府県別では「医師少数県」と位置付けられ、充足状況に関する指数は「180・6」。全国平均の「238・3」を大きく下回り、順位は41位だった。

(全文 622 文字 / 残り 293 文字)