こまち盛岡―秋田、車内販売を廃止へ いなほ酒田―秋田も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 JR東日本は18日、新幹線や特急列車の車内販売を来月16日から大幅に縮小すると発表。東北新幹線やまびこ、秋田新幹線こまちの盛岡―秋田間、北海道新幹線、特急いなほの酒田―秋田間は車内販売がなくなる。駅の売店などで乗車前に弁当や飲料を買う客が増えて利用者と売り上げが減少したことと、人手不足で販売員の確保が難しくなったため。

 一部の列車は弁当や軽食、土産などの販売を16日以降中止し、取扱品目をソフトドリンクやアルコール類、菓子などに絞る。対象は新幹線では▽東北新幹線はやぶさ(東京―新青森間)▽同はやて(同)▽東北・山形新幹線つばさ▽東北・秋田新幹線こまちの東京―盛岡間▽上越新幹線とき―の5本、在来線特急では、いなほの新潟―酒田間。

(全文 393 文字 / 残り 76 文字)