カタガミジャー、クリアファイルでPR 小6~中3に配布へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
完成したクリアファイルを手にする船木代表(左)と伊藤さん
完成したクリアファイルを手にする船木代表(左)と伊藤さん

 秋田県潟上市のご当地ヒーロー「ふるさと宣隊カタガミジャー」を子どもたちにPRしようと、市民有志でつくる地域活性化団体「いいじゃんかたがみ」(船木継雄代表)がクリアファイルを作成した。市内の小学6年~中学3年の児童生徒に配布する計画。船木代表(42)=自営業=は「潟上を盛り上げようと頑張る大人たちの思いを伝えたい」と話している。

 カタガミジャーは、いいじゃんかたがみが2009年に考案。県内テレビ局が主催する「手作りCM大賞」や、市内の子ども向けイベントに出演し、地域のPRと活性化に取り組んできた。

 14年以降はメンバーが仕事や子育てで忙しくなり活動を休止していたが、昨年12月放送の「手作りCM大賞」への出演をきっかけに復活。現在は、メンバーと市民有志でつくる「復活プロジェクト」がフェイスブックページを立ち上げ、カタガミジャーを活用した市の情報発信に取り組んでいる。

(全文 732 文字 / 残り 345 文字)