男性事務職員を懲戒免職、県教委 鹿角市の小学校で166万着服

お気に入りに登録

 秋田県教育委員会は19日、鹿角市の花輪小学校に勤務していた男性臨時事務職員(29)が教材費や給食費といった学校徴収金から計166万4459円を着服したとして、懲戒免職とした。管理監督責任を問い、同校の校長を減給10分の1(1カ月)、教頭を戒告の懲戒処分とした。いずれも同日付。

 県教育庁義務教育課によると、職員は保護者から集めた学校徴収金の管理を担当。昨年9~12月に7回にわたり、口座に入金された教材費を引き出したり、校内の金庫に保管されていた現金を持ち出したりした。

(全文 527 文字 / 残り 291 文字)