「親子食堂」で悩み語ろう 秋田市に5月、格安で食事提供

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
無料学習塾の子どもを対象に開いた料理教室=昨年7月31日
無料学習塾の子どもを対象に開いた料理教室=昨年7月31日

 秋田市で無料学習塾や制服リユースなどに取り組むNPO法人「秋田たすけあいネットあゆむ」(保坂ひろみ理事長)が、親子に格安で食事を提供する「親子食堂」の開設に向け、準備を進めている。親子での利用を条件とし、保護者から悩みを聞いて支援を必要とする家庭とつながるきっかけにしたい考えだ。

 食堂の名称は「MaMaKe(ママケ)」。同市下北手にある空き家を借り、月3回ほどのペースで、週末に子どもは無料、大人は1食300円で夕食を提供する。一度に5~10組の親子を受け入れ、食事と併せて交流も楽しめる場とする。オープンは5月中旬の予定。

 同NPOは、炊飯器や電子レンジ、食器の購入など食堂の準備に必要な費用20万円を、クラウドファンディングサービス「FAN AKITA(ファンあきた)」で募っている。4月3日まで。

 問い合わせは同NPOTEL018・862・6777

(全文 694 文字 / 残り 315 文字)

クラウドファンディングで費用を募っています