給食に金属片混入、秋田市の中学校 けが人や健康被害なし

お気に入りに登録

 秋田市教育委員会は21日、桜中学校(高橋澄雄校長、446人)で同日に提供した給食に金属片が混入していたと発表した。けが人や健康被害は確認されていない。

 市教委によると、ひじきの煮物に長さ3センチ、太さ1ミリの棒状の金属片が混入。2年生の男子生徒が食べる前に気付き、取り除いた。

(全文 210 文字 / 残り 71 文字)