モンベル直営店に1億円補助 美郷町予算案

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県美郷町は22日、2019年度一般会計当初予算案を発表した。一般会計の総額は110億7257万円で18年度当初比2億4131万円(2・1%)の減。観光や教育環境の整備に重点を置く編成とした。

 町内三つの第三セクターと町観光協会を統合した新会社「あきた美郷づくり」が、4月から名水市場湧太郎に事務所を置き運営を始める。観光拠点施設の環境を整備するため、老朽化した空調設備の工事費8424万円を計上した。

 アウトドア観光の活発化を図るため、水源涵養(かんよう)林の七滝山の林道整備工事費に5566万円を充てる。町内への誘客を狙い、町が包括連携協定を結ぶアウトドア大手「モンベル」に対し、直営店を町内に出店する費用1億円を補助する。

(全文 603 文字 / 残り 287 文字)