モーグルW杯競技開始、仙北市 男子はキングズベリーV

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【男子決勝2回目】観衆が見守る中、第2エアを決めて男子モーグルで優勝したキングズベリー=たざわ湖スキー場黒森山コース
【男子決勝2回目】観衆が見守る中、第2エアを決めて男子モーグルで優勝したキングズベリー=たざわ湖スキー場黒森山コース

 モーグル国際大会「2019FISフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会」は23日、仙北市のたざわ湖スキー場で競技が始まり、男女モーグルを行った。男子はミカエル・キングズベリー(カナダ)、女子はペリーヌ・ラフォン(フランス)が優勝した。会場には約4500人(主催者発表)の観客が詰め掛け、世界トップレベルの技術に歓声を上げていた。 

(全文 176 文字 / 残り 0 文字)