新聞読み「社会」意識を 県内中高教員ら活用法学ぶ、横手市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
NIEの実践について大曲高の小川さんが発表した学習会
NIEの実践について大曲高の小川さんが発表した学習会

 授業などでの新聞の活用法を学ぶ「NIE学習会」が23日、秋田県横手市の横手就業改善センターで開かれた。県内の中学校や高校の教員、高校生ら12人が参加。長年NIEに取り組む大曲高校国語科の講師・小川康さんが、これまでの実践やNIEを通じて生徒に伝えたかったことを発表した。

 小川さんは、横手高定時制に勤務していた8年ほど前からNIEに取り組み始めた。「自分に何ができるのか、どうなりたいかを考え、答えを出せるのは自分だけ。自分を知るには、まず社会を知る必要がある。NIEはその手段になる」と考え、記事の読み比べや切り抜きなどを通して、生徒が「社会」を意識できるよう心掛けてきたという。

(全文 681 文字 / 残り 389 文字)

秋田の最新ニュース