時代を語る・西木正明(33)田沢湖は再生するか

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
田沢湖畔で展示されているクニマス=昨年12月
田沢湖畔で展示されているクニマス=昨年12月

 かれこれ40年近く前でしょうか。山梨県の本栖(もとす)湖でヒメマス釣りをしていたら、見たことのないマスがかかったんです。世界各地でさおを振ってさまざまな魚に出くわしましたが、まさか国内で見知らぬ魚に出会うとは。背中に虫食い状の模様があるけどイワナではない。海外のトラウトでもない。とにかく奇妙なマスでした。

 本栖湖と近くの西湖(さいこ)には、昭和10(1935)年に、田沢湖からクニマスの卵が10万粒ずつ移出されたという記録が残っています。あの魚がクニマスと関係があったのかは分かりません。でも「幻の魚クニマス」への関心は高まりました。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 801 文字 / 残り 532 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース