児童150人、一流選手と球技4種目で汗 秋田市でフェスタ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バレーボールでレシーブの仕方を学ぶ児童たち
バレーボールでレシーブの仕方を学ぶ児童たち

 子どもたちにボールを使ったスポーツを楽しんでもらうイベント「SOMPOボールゲームフェスタ」が23日、秋田市のCNAアリーナで開かれた。小学4~6年を対象にした「キッズチャレンジ」では約150人がラグビーやサッカーなどの魅力を体験した。

 キッズチャレンジではほかに、バレーボールとバスケットボールに挑戦。プロや実業団で活躍する選手や元選手、コーチら8人が指導した。アンバサダーとしてロンドン、リオデジャネイロ五輪のバレーボール女子日本代表の迫田さおり選手も参加。子どもたちと一緒にプレーを楽しんだ。

(全文 645 文字 / 残り 395 文字)