秋銀女子バスケ、CS優勝を報告 「チームの力信じ戦った」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田魁新報社で優勝報告をする秋田銀行の選手たち
秋田魁新報社で優勝報告をする秋田銀行の選手たち

 バスケットボールの第1回全日本社会人地域リーグチャンピオンシップ(CS)で初代女王に輝いた秋田銀行の選手らが25日、秋田魁新報社を訪れて優勝を報告した。伊藤美和子主将は「苦しい試合が続いたが、やってきた練習とチームの力を信じて戦い、結果につながった」と喜びを語った。

 大会は9~12日に群馬県高崎市の高崎アリーナで行われた。予選リーグを3戦全勝で通過。準決勝で丸紅(関東・東海)、決勝で紀陽銀行(西日本)を下して優勝した。

(全文 611 文字 / 残り 399 文字)