ROAD TO 東京:バレーボール女子・佐藤美弥(上) 高速コンビでアピール

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年11月、Vリーグ開幕戦でトスを上げる佐藤(中央)=由利本荘市のナイスアリーナ
昨年11月、Vリーグ開幕戦でトスを上げる佐藤(中央)=由利本荘市のナイスアリーナ

 背筋がぴんと伸びた美しいフォームから繰り出す多彩なトス。バレーボール女子日本代表のセッター佐藤美弥(28)=日立、聖霊高―嘉悦大出=は緩急をつけた攻撃で相手を揺さぶる。ミドルブロッカーを生かした速さがアピールポイントだ。

 速いトスの習得は日立の元監督、松田明彦さん(53)の影響が大きい。松田さんは男子日本代表の正セッターとして1992年バルセロナ五輪に出場。2014~15年シーズンから3年間、日立の指揮を執った。

連載企画:ROAD TO 東京:第2部・日本代表

同じジャンルのニュース