ニュースの「つぼ」:フィルムコミッション

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鹿角市などで撮影が行われた「デイアンドナイト」は市民も撮影に参加した((C)2019「デイアンドナイト」製作委員会)
鹿角市などで撮影が行われた「デイアンドナイト」は市民も撮影に参加した((C)2019「デイアンドナイト」製作委員会)

 今年に入り、本県でのロケ映画が相次ぎ公開されている。近年、撮影には各地のフィルムコミッション(FC)の協力が欠かせなくなっており、県内では鹿角市、仙北市などで六つのFCが活動中。話題作のロケ地として知られれば地域活性化にも効果がある。全県的な支援態勢を整えて誘客につなげたいところだ。

 FCは地域のロケ地情報をホームページなどを通じて日常的にPRしており、製作側からの打診を待つ。ロケが決まれば撮影に関わる道路や施設の許認可手続きを代行し、スタッフが現場を下見する際に案内役を務める。エキストラや食事の手配、撮影補助といったサポートも行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1153 文字 / 残り 882 文字)

映画「デイアンドナイト」の出演者と監督に作品への思いを聞きました

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース