ハピネッツ、大阪に逆転勝ち 連敗は6でストップ【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
【秋田―大阪】第4クオーター、秋田は中山のスチールから小野寺が速攻を決め57―48とする=ナイスアリーナ
【秋田―大阪】第4クオーター、秋田は中山のスチールから小野寺が速攻を決め57―48とする=ナイスアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は2日、各地で9試合を行った。第25節第1日、東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、秋田県由利本荘市のナイスアリーナで、西地区4位の大阪と対戦。前半はミスを連発して劣勢だったが、後半逆転に成功して突き放し、70―55で勝った。秋田の連敗は6でストップ。通算14勝27敗で順位は変わらない。MVPには17得点とリバウンド11本、スチール3本、ブロックショット4本を挙げたK・コールビー、最も印象に残る活躍をしたMIPには20得点とリバウンド11本をマークしたキーナンのフォワード・センター陣が選ばれた。3日も同アリーナで大阪と戦う。


秋田 70―55 大阪
  (14―19)
  (15―13)
  (20―12)
  (21―11)

(全文 714 文字 / 残り 375 文字)