ふるさと小紀行:昆布の加工文化(横手市) 雄物川の舟運で隆盛

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ガゴメ昆布を削る千葉さん
ガゴメ昆布を削る千葉さん

 横手市は内陸部にもかかわらず、昆布の小売店が5軒ほどある。昭和40年代には10軒に上ったといい、昆布は食卓で親しまれてきた。貴重な海の幸をよりおいしく加工する技術も発達。粘る食べ物が好きな県民性も、山あいの地で昆布店が栄える一因になったとみられる。

 北海道昆布館(北海道七飯町)などによると、本県に昆布をもたらしたのは江戸時代に北海道から大阪へ向かった北前船とされる。寄港地の土崎港(秋田市)では一般的な昆布より粘りの強い「ガゴメ昆布」が陸揚げされ、雄物川の舟運で内陸に入ってきたようだ。一方、北陸や大阪では、だしの出やすい「真昆布」が流通した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 989 文字 / 残り 715 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース