長いきりたんぽ、ギネス上回る記録あった 30年前に大館で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
長さ8・2メートルのきりたんぽ作りの様子を伝える比内町広報(1987年12月号、大館市教育委員会提供)
長さ8・2メートルのきりたんぽ作りの様子を伝える比内町広報(1987年12月号、大館市教育委員会提供)

 昨年11月に米子高専(鳥取県)と秋田高専の学生らが秋田県大館市で作った長さ5・12メートルのきりたんぽがギネス世界記録に認定されたが、約30年前にそれを上回る8・2メートルのきりたんぽが同市で作られていたことが分かった。

 米子高専の谷藤尚貴准教授(46)は「事前に過去の記録などは調べたつもりだったが、十分でなかった」として、同市の関係者に説明したという。

(全文 533 文字 / 残り 354 文字)