金足農ナイン、全員の進路決定 卒業しても、硬式野球続ける

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2日、卒業式を終え校内で記念写真に収まる金足農高ナイン。全員が硬式野球を続ける予定だ
2日、卒業式を終え校内で記念写真に収まる金足農高ナイン。全員が硬式野球を続ける予定だ

 昨夏の甲子園で準優勝した金足農業高校ナイン全員の進路が、6日決まった。プロ、大学、就職と分かれるが、いずれも硬式野球を続ける意向。高校で培った「雑草魂」を胸に、新たなチームで飛躍を期す。

 前主将の佐々木大夢(ひろむ)左翼手、高橋佑輔一塁手、打川和輝三塁手、菊地彪吾(ひゅうご)右翼手の4選手は県外の大学に進学。佐々木選手は首都大学1部リーグ(6チーム)の日本体育大で甲子園で果たせなかった日本一に挑み、卒業後は野球の指導者を志望している。

(全文 671 文字 / 残り 451 文字)

準Vナイン、卒業式の表情をまとめたスライドショーです!