金氏、最後に譲歩も米拒否 米朝会談、協議再開は未定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ハノイで会談するトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(VNA=共同)
ハノイで会談するトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(VNA=共同)

 【ワシントン共同】米CNNテレビは6日、ベトナムで2月末に行われた米朝首脳会談で、トランプ大統領が北朝鮮側の非核化への対応が不十分として交渉の席を立った後、金正恩朝鮮労働党委員長が部下を介して米側に新たな提案をしていたと報じた。金氏が合意を求めて土壇場で制裁解除要求を弱める譲歩をしたとみられるが、米側は拒否したという。

 米国は4月にも実務協議を再開したい構えだが、北朝鮮側は態度を明らかにしておらず、見通しは立っていない。