トピコ3階の飲食店街、22日オープン 秋田駅の大規模改装

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トピコ3階の改修イメージ(秋田ステーションビル提供)
トピコ3階の改修イメージ(秋田ステーションビル提供)

 秋田市のJR秋田駅西口の駅ビル・トピコ3階にあるレストラン街が22日、改装オープンする。従来からある秋田牛や比内地鶏の料理を提供する店に加え、稲庭うどんの専門店も新たに入居。秋田杉をはじめとする木材を壁や天井にあしらい、観光客が食と空間の両面で秋田らしさを感じるフロアになるという。

 トピコは、JR東日本のグループ会社・秋田ステーションビル(同市)が運営。秋田新幹線の開業に合わせて1997年にオープンした。フロア単位で大規模に改装するのは、ビルの開業以来初めて。

 3階のフロア面積は966平方メートル。22日は全9店舗中7店舗がオープンする。稲庭うどん製造販売の佐藤養助商店(湯沢市)の店舗が新たに入居するほか、大仙市大曲上栄町のラーメン店「麺屋十郎兵衛(じゅろへえ)」が支店を新設し、比内地鶏のスープを使ったラーメンを中心に提供する。

(全文 670 文字 / 残り 300 文字)

秋田の最新ニュース