映画「笑顔の向こうに」でヒロイン 潟上出身、安田聖愛さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「この作品で、秋田出身の女優安田聖愛の名前を多くの人に知ってもらいたい」と話す安田=大仙市のイオンシネマ大曲
「この作品で、秋田出身の女優安田聖愛の名前を多くの人に知ってもらいたい」と話す安田=大仙市のイオンシネマ大曲

 歯科医療の現場で成長する若者を描いた映画「笑顔の向こうに」(榎本二郎監督、全国公開中)で、秋田県潟上市出身の女優安田聖愛(せいあ)(22)がヒロインの新人歯科衛生士を演じている。舞台あいさつのため本県を訪れた安田は「歯の大切さ、歯科衛生士の大変さや葛藤など伝えたいテーマが詰まっている。心が温かくなる作品です」とPRした。

 若手歯科技工士の大地(高杉真宙(まひろ))は、デンタルクリニックで働き始めた幼なじみの真夏(安田)と再会する。クリニックから信頼の厚い大地だが、歯科技工所を営む父に「半人前」と否定され、患者からは義歯が合わないと突き返される。落ち込む大地は、励ましてくれる真夏ともけんかしてしまう―。

 日本歯科医師会の協力作品で、昨年12月の第16回モナコ国際映画祭でグランプリを受賞した。他の出演者は木村祐一、佐藤藍子、藤田朋子、秋吉久美子、松原智恵子ら。

(全文 915 文字 / 残り 531 文字)