東日本大震災8年:秋田消防署高度救助隊長・櫻庭金裕さん 「伝えること」も役目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
訓練後、同僚と談笑する櫻庭さん=秋田市の秋田消防署
訓練後、同僚と談笑する櫻庭さん=秋田市の秋田消防署

 「大きな災害が起きたとき、どうやって家族に連絡を取りますか」

 秋田消防署高度救助隊長の櫻庭金裕さん(52)は、秋田市内の小中学校や高校で避難訓練を指導する際、生徒にこう問い掛けている。

 ただ、あえてアドバイスはしない。自分なりの答えを見つけ出してほしいからだ。

(全文 623 文字 / 残り 492 文字)

この連載企画の記事一覧