ハピネッツ、残留PO回避へ連勝を 9、10日敵地で滋賀戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前節の大阪戦2戦目で敗れた後、客席に一礼する選手たち。チームは正念場を迎えている=由利本荘市のナイスアリーナ
前節の大阪戦2戦目で敗れた後、客席に一礼する選手たち。チームは正念場を迎えている=由利本荘市のナイスアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は9、10の両日午後2時5分から、滋賀県大津市のウカルちゃんアリーナで、西地区最下位の滋賀と戦う。今節は他地区チームと最後の対戦となる。B1残留プレーオフ(PO)回避へ正念場が続く中、必ず連勝して同地区対決に向かいたい。

 滋賀は8勝34敗。開幕から不振が続き、B1の18チームで唯一10勝に届いていない。現在も6連敗中。ただ、過去2シーズンは終盤に勝ち星を拾って残留PO圏を抜け出してきただけに、勝負強さは侮れない。先月に外国人2人を補強し、その働きも注目される。まずは攻撃の起点となるガード二ノ宮康平、伊藤大司、西裕太郎を抑えたい。

(全文 665 文字 / 残り 354 文字)