ニュースの「つぼ」:日銀秋田支店「特別調査」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
労働力の維持が本県の経済成長率に与える影響(日銀秋田支店推計)
労働力の維持が本県の経済成長率に与える影響(日銀秋田支店推計)

 人口減少と高齢化が進む本県では、就業者数の減少などによる労働力の低下への対応が課題となっている。日銀秋田支店がまとめた特別調査「秋田県の持続的な経済成長に向けた労働力の維持と課題」は、働く人の割合向上や県人口の維持に有効な対策がとられた場合、本県の経済成長率の押し下げ圧力が緩和されると推計。出生率を高め、死亡率を抑える取り組みの必要性を改めて指摘している。

 同支店が1月に公表した特別調査は、高齢化を主因に、働く人の割合が全国を上回るペースで低下している本県の現状を分析。他県の状況を踏まえ、本県で有効な対策が講じられた場合の経済成長率などに与える影響を推計した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1080 文字 / 残り 796 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース