東日本大震災8年:県警警察官・瀧口健さん 災害対応いつも意識

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
通信指令課で業務に当たる瀧口さん=秋田市の県警本部(写真は一部加工)
通信指令課で業務に当たる瀧口さん=秋田市の県警本部(写真は一部加工)

 東日本大震災の翌年、県警の瀧口健(たけし)警部(50)は宮城県警に1年間出向した。当時42歳の警部補。全国から集まった270人の警察官の中で最年長だった。

 配属された亘理署(亘理町)では、12人の部下を率いて各地の見回りなどに当たった。

(全文 496 文字 / 残り 377 文字)

この連載企画の記事一覧