ハピネッツ、「覚悟」問われる一戦 13日秋田市で北海道戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
敵地での北海道戦で、白濱(左)と保岡(右)に指示を出すペップHC。チーム一丸の戦いが見たい=札幌市の北海きたえーる
敵地での北海道戦で、白濱(左)と保岡(右)に指示を出すペップHC。チーム一丸の戦いが見たい=札幌市の北海きたえーる

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、13日午後7時5分から、秋田市のCNAアリーナで、同最下位の北海道と戦う。前節で総合最下位の滋賀に連敗し、B1残留プレーオフ(PO)回避が厳しい状況になってきた。久々となる本拠地アリーナで、同じく連敗中の北海道を下し、今後続く強豪との対戦に光明を見いだしたい。

 北海道は10勝34敗。今年に入って2勝しかできていないが、その2勝は滋賀から挙げた。現在は6連敗中。能代工高出の内海知秀ヘッドコーチ(HC)の下で早い展開からの得点増を目指しているが、結果に結びついていない。ただ外国人は3人とも強力。司令塔の多嶋朝飛、松島良豪らガード陣を抑え、ミスを誘いたい。

(全文 623 文字 / 残り 299 文字)