県警職員、やまない不祥事 盗撮や暴行、犯人隠避容疑…

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県警職員の不祥事はここ数年毎年発覚し、歯止めが掛からない状況だ。

 今年1月には、酒に酔ってのけんかやセクハラ、不適切な業務管理があったとして警部補ら計6人を処分。昨年3月には、秋田市の路上で女性からバッグをひったくった容疑で秋田臨港署の巡査部長が逮捕された。

(全文 312 文字 / 残り 180 文字)