署員の児童買春疑い、県警本部長が陳謝 「再発防止努める」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署員の逮捕を受け、県議会教育公安委員会で陳謝する鈴木本部長(中央)ら
秋田中央署員の逮捕を受け、県議会教育公安委員会で陳謝する鈴木本部長(中央)ら

 秋田県警秋田中央署の巡査部長が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された事件で、鈴木達也県警本部長は13日、県議会教育公安委員会で「誠に申し訳ない」と陳謝し、事件の概要を報告した。

 逮捕された巡査部長(50)は同署の山王交番に勤務。昨年10月中旬、県央部居住の女子高生=当時(15)=が18歳未満と知りながら、現金数万円を渡し、県央部のホテルでみだらな行為をした疑いが持たれている。

 平間伸司首席監察官は、巡査部長が女子高生と会員制交流サイト(SNS)で知り合い、互いに偽名でやり取りしたことなどを説明。「不祥事が起きる要因を明らかにし、粘り強く職務倫理を指導する」と述べた。

(全文 467 文字 / 残り 178 文字)