紫色の光照らす植物工場 大農生が食用花栽培学ぶ【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
曽我社長(右)から食用花栽培の説明を受ける生徒たち
曽我社長(右)から食用花栽培の説明を受ける生徒たち

 秋田県大仙市の大曲農業高校の2年生10人が14日、料理の飾り付けなどに使う食用花(エディブルフラワー)を栽培している秋田市河辺の障害者福祉サービス事業所「スクールファーム河辺」(曽我祐一社長)を見学した。

 生徒たちは、園芸科学科で食用花栽培を学んでいる。昨年秋に試験的に行った水耕栽培で課題が見つかったことから、今後の実習の参考にしようと同事業所の植物工場を訪れた。

(全文 384 文字 / 残り 200 文字)