県内強風被害、風車羽根折れ曲がる 列車運休も相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
羽根が1本折れた風力発電用風車=にかほ市象潟町大須郷
羽根が1本折れた風力発電用風車=にかほ市象潟町大須郷

 秋田県内は14日、発達した低気圧の影響で強風に見舞われ、にかほ市で風力発電用風車の羽根が折れ曲がる被害があったほか、秋田、由利本荘、大仙各市では住宅や空き家など計5棟の屋根が剥がれた。けが人はいなかった。

 秋田地方気象台によると、同日午後5時現在の各地の最大瞬間風速は、八峰町八森27・6メートル、秋田市26・4メートル、にかほ市25・4メートルなど。主に未明から早朝にかけ強まった。

 強風の影響でJR羽越、五能各線の快速、普通列車上下計12本が運休。飛行機の欠航などはなかった。

(全文 532 文字 / 残り 291 文字)