「あらやっしゅグレー」って何だ? 新屋ガラス工房が酒器展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色鮮やかなガラス酒器が並んだ「お酒を楽しむ器展」
色鮮やかなガラス酒器が並んだ「お酒を楽しむ器展」

 秋田県内外のガラス作家31人による酒器を展示販売する「お酒を楽しむ器展」が15日、秋田市新屋表町の新屋ガラス工房で始まった。地元の秋田酒造の酒かすを使って着色した「あらやっしゅグレー」の器をはじめ約600点が集められ、多くの来場者の目を引き付けている。24日まで。

 会場には赤、青、黄など色鮮やかなぐい飲みやとっくりがずらりと並んだ。おつまみを入れる小鉢や皿もさまざまな形と色があり、来場者は気に入った作品を一つ一つ手に取って品定めした。

 「あらやっしゅグレー」は、燃やして炭化させた酒かすを混ぜて灰色にしたガラスで、同工房が開発したオリジナルカラー。同工房が地元資源を作品に生かせないかと考え、秋田酒造の酒かすに着目。同社の協力を得て開発した。

(全文 563 文字 / 残り 239 文字)