マタギの頭領と白神を考える 藤里町でトークや企画展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吉川さん(中央奥)を囲んで白神山地のマタギ文化などについて学んだトークイベント
吉川さん(中央奥)を囲んで白神山地のマタギ文化などについて学んだトークイベント

 白神山地に源流を持つ赤石川上流域で温泉宿を営み、マタギの家系を継ぐ吉川隆さん(69)=青森県鰺ケ沢町=のトークイベントが16日、秋田県藤里町の白神山地世界遺産センター藤里館で開かれた。町教育委員会の主催。地元ガイドや登山愛好者ら約40人が、マタギを通じて白神と人との関わり方について考えた。

 吉川さんは、熊の湯温泉旅館の宿主で、赤石マタギのシカリ(頭領)の21代目。15歳で初めてクマを撃った。1982年に着工し、90年に建設中止となった青秋林道の反対活動にも関わった。

(全文 649 文字 / 残り 413 文字)