代官山で県産米おにぎり 横手出身の柴田さんが握りたて提供

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
柴田素之さん
柴田素之さん

 東京・渋谷のおにぎり専門店「ONIGIRI ICHIGO(おにぎり1合)代官山本店」の店長柴田素之さん(37)は、秋田県横手市雄物川町出身。握りたてのほかほかのおにぎりを来店客に提供し、本県産あきたこまちのおいしさを広めている。

 店は広さ2坪ほどで、大仙市北楢岡の農業法人「RICEBALL(ライスボール)」(鈴木貴之社長)が2016年9月にオープン。柴田さんは17年夏から1人で店を切り盛りし、客からの注文に応じて一つ一つ丁寧に握って販売している。

 コンビニのおにぎりより一回り大きめで、1個100~200円。昆布やサケなど14種類を取りそろえる。外はしっかり、中はふんわりした食感が特徴だ。店には常連客がひっきりなしに訪れる。多い日で250~300個売れるという。

(全文 752 文字 / 残り 417 文字)