ROAD TO 東京:バスケットボール男子 開催国枠で出場なるか

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
W杯出場を決めた先月24日のアジア2次予選・カタール戦で、鋭いドライブで攻め込む富樫=カタール・ドーハ
W杯出場を決めた先月24日のアジア2次予選・カタール戦で、鋭いドライブで攻め込む富樫=カタール・ドーハ

 本県出身、関係者がバスケットボール男子、カヌー男女の日本代表として国内外で奮闘している。2020年東京五輪の大舞台を見据える選手にスポットを当てる。

 ◇  ◇

 バスケットボールは男女の5人制、3人制「3×3(スリーバイスリー)」のいずれも日本の五輪出場が確定していない。今月末にコートジボワールで開かれる国際バスケットボール連盟(FIBA)理事会で、東京五輪の開催国枠付与が協議される。

 男子5人制は先月のワールドカップ(W杯)アジア2次予選を通過し、自力では21年ぶりとなるW杯出場権を獲得。五輪に開催国枠での出場の可能性を高めた。五輪出場が決まれば1976年モントリオール五輪以来となる。

(全文 1072 文字 / 残り 775 文字)