アオサギ、器用にDIY 巣作り盛ん、秋田運河沿い【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
枯れ枝をくちばしにくわえて飛ぶアオサギ
枯れ枝をくちばしにくわえて飛ぶアオサギ

 サギ類の営巣地として知られる秋田市新屋町の秋田運河沿いの雑木林で、アオサギが繁殖に向けた巣作りを盛んに行っている。

 営巣地は国道7号臨海大橋の脇。アオサギは10日ほど前から目立ち始め、現在は100羽超が樹上のところどころに止まっている。

 19日は、アオサギが枯れ枝をくわえ、大きな翼を広げてしきりに飛び交う姿が見られた。巣に近づくと、くちばしで器用に枯れ枝を積み重ねた。

(全文 271 文字 / 残り 85 文字)