モンベルが美郷町に直営店 来春開店、辰野会長会見

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内初となる直営店の出店計画を説明する辰野会長(左)と松田町長
県内初となる直営店の出店計画を説明する辰野会長(左)と松田町長

 アウトドア用品大手のモンベル(大阪市)は19日、来春をめどに秋田県美郷町金沢の道の駅「雁(かり)の里せんなん」の駐車場内に直営店をオープンさせると発表した。秋田県内への出店は初めて。モンベルの辰野勇会長が同日、県庁で会見し「町外からも多くの人に来てもらえる店舗を目指す」と語った。

 同社は1975年8月に創業し、国内で130の直営店を展開。登山を中心としたウエアやバッグ、テントなどのアウトドア用品を幅広く販売している。

 店舗は道の駅駐車場内北側の町有地約960平方メートルに整備する。7月に着工し、来年3月の完成、同4月以降の営業開始を目指す。建設費は2億円を超える見込みで、町の補助金1億円を充てる。店舗名は「モンベルあきた美郷町店」とする予定。

(全文 615 文字 / 残り 289 文字)