「誰を頼れば…」と市民落胆 イージス陳情・請願不採択

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地上イージスの配備計画撤回の決議を求める陳情、請願を不採択とした本会議。採決を前に退席する議員も出た
地上イージスの配備計画撤回の決議を求める陳情、請願を不採択とした本会議。採決を前に退席する議員も出た

 秋田市議会で、地上イージスの配備計画撤回の決議を求める請願と陳情は全て不採択に決まった。採択に反対したのは保守系の最大会派・秋水会と公明党の所属議員ら。議員からは「現時点では配備の賛否を判断できない。仕方ない」といった声が聞かれた。市議選を来月控えていることから「任期中にはっきりできてよかった」との見方も。請願を出した市民は「残念。誰を頼ればいいのか」と落胆した。

 「防衛省の調査結果を待たずに『計画を撤回せよ』と決議するのは、『聞く耳持たず』と言っているようなもの」

 本会議で採択に反対の立場で唯一、討論に立った公明党の石塚秀博議員。防衛省から調査結果の説明を受けておらず、判断材料が乏しいことを理由とした。防衛省は4月以降、結果を説明する考えを示しており、改選後の市議会に対し改めて陳情や請願を提出することを求めた。

(全文 880 文字 / 残り 518 文字)

イージス・アショアに関する連載企画です

秋田の最新ニュース