地価上昇に秋田犬、金足農が一役? 国交省が分析

お気に入りに登録

 「クルーズ船の寄港や外国人宿泊客の増加など官民連携による観光振興の効果が持続すれば、商業地の地価がさらに上昇する可能性がある」―。JR秋田駅前の地価が27年ぶりに上昇に転じたことについて、秋田市の不動産鑑定士、戸澤一喜さんはこう期待感を示した。

 国土交通省はフォンテAKITAの地価が上昇した要因について「秋田駅周辺で再開発が進展し、秋田犬、(昨夏の甲子園での)金足農業高校の活躍、男鹿のナマハゲのユネスコ無形文化遺産の登録など経済効果を伴う話題も相まって回遊人口が増加していることから、飲食店などの需要が強まった」としている。

(全文 445 文字 / 残り 180 文字)