教育次長に渡部氏 県教委異動【名簿あり】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育庁は20日、2019年度の教職員定期異動を発表した。渡部克宏・高校教育課長を教育次長に起用、伊藤雅和・秋田北高校長を高校教育課長に充てる。4月から新たに少人数学級(1学級35人程度)を導入する横手高校長には、木村利夫・大館桂桜高校長を任命する。退職と新規採用を含めた異動総数は3018人で18年度より81人多い。

 公立高校長は定年退職(13人)などで計20人が交代する。13人は昇格や総合教育センターなどからの配置換えで新たに校長となる。能代高校長に山田浩充・県立博物館長、秋田工業高校長には黒澤光弘・男鹿工業高校長が就任する

(全文 544 文字 / 残り 275 文字)

異動名簿の検索はこちら