イージス・アショア:首長と議会(3)市長、慎重姿勢崩さず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市議会の本会議に臨む穂積市長=2月27日
秋田市議会の本会議に臨む穂積市長=2月27日

 「国防のため、配備は必要と思うが、どうか」。今月6日の秋田市議会一般質問。保守系の最大会派・秋水会の鎌田修悦会長(72)が、イージス・アショア(地上イージス)の配備について12項目の質問を並べた。

 鎌田氏は、議長を務めた経験もある市議会の重鎮。4月に行われる市議選には出馬せず、今任期での引退を決めている。地上イージスの配備に賛成する自身の立場を明確にして市長に態度表明を迫る質問は、議場に緊張感をもたらした。

 答弁に立った穂積志市長は、手元の原稿を淡々と読み上げた。

(全文 1416 文字 / 残り 1181 文字)