23日に「大曲の花火・冬の章」 25業者、独創性競う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新作花火コレクションのチラシ
新作花火コレクションのチラシ

 秋田県内外の若手花火作家が新作を発表する「大曲の花火・冬の章」が23日、大仙市内小友の大曲ファミリースキー場で開かれる。今年は25業者が出場し、完成度や独創性を競う。

 午後6時半~8時。出場者が4号玉10発、5号玉5発を打ち上げ、「キラキラ星」や「春の兆し」、「さくらんぼの実るころ」などの題名に込めたテーマを表現する。

 合間にはラグビーワールドカップ日本大会を記念した花火なども打ち上げ、「さようなら平成 ありがとう平成」と題した花火で締めくくる。

(全文 374 文字 / 残り 148 文字)