明桜高野球部総監督の尾花氏が精力的に指導

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブルペンで投球練習を見守る尾花氏=21日、明桜高
ブルペンで投球練習を見守る尾花氏=21日、明桜高

 プロ野球横浜(現DeNA)元監督の尾花高夫氏(61)が、2月に就任した明桜高硬式野球部の総監督兼投手コーチとして精力的に指導に当たっている。輿石重弘監督と力を合わせ甲子園で勝てるチームづくりを目標に掲げ、「プロもアマチュアも基本が大事。全国で勝つために背中を押してあげたい」と意気込む。

 21日は、ブルペンで投げ込む投手に熱いまなざしを送り、「打者がいることを意識して」「ナイスボール」などと声を掛けた。投手の守備練習ではノッカーを務め、選手の動きをチェックしていた。練習には2月下旬に合流。投手指導に重点を置き、キャッチボール段階での体の使い方や、フィールディングなどのアドバイスを送っている。

(全文 720 文字 / 残り 421 文字)