白鵬、12連勝で首位守る 貴景4敗目、1差に逸城

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白鵬が寄り切りで栃ノ心を下す=エディオンアリーナ大阪
白鵬が寄り切りで栃ノ心を下す=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所12日目(21日・エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬はかど番の大関栃ノ心を寄り切り、初日から12連勝として単独トップを守った。栃ノ心は6勝6敗。横綱鶴竜は大関高安に上手投げで敗れ、3敗に後退した。高安は10勝2敗。

 大関昇進を狙う関脇貴景勝は大関豪栄道にはたき込まれ、2連敗で4敗目を喫した。豪栄道は2敗を維持。平幕逸ノ城は朝乃山を下し、ただ一人の1敗をキープした。

 全勝の白鵬を1敗で逸ノ城、2敗で高安、豪栄道と平幕の琴奨菊、碧山が追う。十両は志摩ノ海が2敗目となったが、単独首位を守った。