謝辞に「イージス」、大学が削除要請 美大生「やるせない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
卒業式で謝辞を述べる長門さん(左)
卒業式で謝辞を述べる長門さん(左)

 21日に行われた秋田公立美術大学の卒業式で、卒業生代表の女子学生が謝辞の中で、陸上自衛隊新屋演習場への地上イージス配備計画に触れ、「平和な生活を過ごせるよう願う」と述べようとしたが、大学側の要請で取りやめた。学生は「やるせない」とこぼした。

 謝辞を述べたのは美術学部の長門あゆみさん(22)=岩手県宮古市出身。大学での思い出、家族や先輩後輩、教員、地域への感謝と共に伝えたいと考えたのが、地域の平和を願う思いだった。

 新屋演習場は、大学から約2・5キロと近い。長門さんは「先生たちはフェイスブック(FB)で意見を発信していたが、学生の間で話題に上ることはなかった。身近な場所で起きている問題なのに、関心がないのか、タブー視しているのか、そんな状況に違和感を持った」と話す。

 謝辞の文章は担当教官のチェックを受けて作成。読み終えた後、霜鳥秋則学長に渡すため、原稿は大学事務局が受け取り、印刷して蛇腹折りにする手はずだった。20日夜、原稿を見た学生課長から、イージスに触れた部分を削除して謝辞を印刷したいと言われたという。

(全文 988 文字 / 残り 528 文字)

同じキーワードのイベント情報