多彩な県産米加工品、一堂に 県庁で試食会【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
県産米を使った加工品を味わう関係者
県産米を使った加工品を味わう関係者

 県内の食品加工会社や商工団体などでつくる秋田米加工利用促進協議会(会長=藤井明・かおる堂社長)は22日、県産米を使った加工食品の試食会を県庁で開いた。煎餅やきりたんぽといった多彩な品が披露され、会員らがそれぞれの味を確かめた。

 協議会は、県産米加工品の商品開発や販路拡大を目的に昨年6月に発足。試食会は会員のさまざまな声を商品づくりに反映させようと初めて開いた。

 会場では、県オリジナルのこうじ「あめこうじ」の甘酒を使ったサケおにぎり、米粉で揚げた唐揚げといった新商品のほか、米粉を使ったサブレやもなか、だまこもちなど計24種類が並んだ。参加者は各製造会社の説明に耳を傾けながら、じっくりと味わっていた。

(全文 523 文字 / 残り 220 文字)

秋田の最新ニュース