米バスケ八村、21得点の活躍 ゴンザガ大は2回戦へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
全米大学選手権1回戦でシュートするゴンザガ大の八村塁=ソルトレークシティー(USA TODAY・ロイター=共同)
全米大学選手権1回戦でシュートするゴンザガ大の八村塁=ソルトレークシティー(USA TODAY・ロイター=共同)

 【ソルトレークシティー共同】バスケットボール男子の全米大学選手権(NCAAトーナメント)は21日、各地で1回戦が行われ、八村塁のゴンザガ大はソルトレークシティーでフェアリー・ディッキンソン大に87―49で快勝し、2回戦に進んだ。先発した八村は両チーム最多の21得点と活躍した。

 ゴンザガ大は23日(日本時間24日)の2回戦でベイラー大と対戦する。