若手花火作家が独創性競う、大仙 大曲の花火・冬の章

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ラグビーワールドカップ日本大会の開催を記念して打ち上げたスターマイン
ラグビーワールドカップ日本大会の開催を記念して打ち上げたスターマイン

 秋田県内外の若手花火作家が新作を披露する花火大会「大曲の花火・冬の章 新作花火コレクション」が23日夜、大仙市内小友の大曲ファミリースキー場で開かれた。作家が所属する計25業者が17都県から参加。趣向を凝らした独創的な花火を打ち上げ、観客を楽しませた。同市の4業者と美郷町の1業者も参加した。

 4号玉10発、5号玉5発の計15発で、それぞれがテーマとする世界観を表現できたかどうか競い合った。打ち上げた花火の火薬が燃え切ったかなど安全面も審査された。

(全文 487 文字 / 残り 261 文字)