イスラム国支配地「完全制圧」 トランプ氏が発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
過激派組織「イスラム国」(IS)の制圧について説明するトランプ米大統領=22日、米フロリダ州(AP=共同)
過激派組織「イスラム国」(IS)の制圧について説明するトランプ米大統領=22日、米フロリダ州(AP=共同)

 【ワシントン、デリゾール県(シリア東部)共同】トランプ米大統領は22日、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配する地域を完全に制圧したと発表した。訪問先の南部フロリダ州で、シリアとイラクのIS支配地域が消滅したとする21日時点の地図を指して「昨夜こうなった」と説明した。「対IS勝利」宣言を契機に、シリア駐留米軍の削減を加速させる構えだ。

 米軍と協力する民兵組織「シリア民主軍」(SDF)は、IS最後の支配地域となったシリア東部バグズ村で掃討作戦を継続中だが、残るIS戦闘員は数百人。米軍撤収を急ぎたいトランプ政権は「制圧」は揺るがないと判断したとみられる。