冬に逆戻り 秋田県内各地で降雪、真冬日の地点も【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
雪化粧した横手市街地=24日午前10時半ごろ、横手公園から
雪化粧した横手市街地=24日午前10時半ごろ、横手公園から

 秋田県内は24日、気圧の谷が通過した影響で各地でまとまった降雪となった。最高気温も平年より5~8度ほど低く、氷点下の真冬日を記録する地点もあるなど冷え込み、冬に逆戻りした一日となった。

 秋田地方気象台によると、同日午後7時までの24時間降雪量は横手市15センチ、湯沢市湯ノ岱14センチ、由利本荘市矢島10センチなど。秋田市では4センチの降雪があり、11日ぶりの積雪となった。

 最低気温は、鹿角市八幡平で氷点下9・1度、大館市と北秋田市脇神で同5・9度など、全26観測地点で氷点下を記録。最高気温も、鹿角市八幡平が氷点下3・5度、湯沢市湯ノ岱が同0・9度など4地点で真冬日となった。

(全文 747 文字 / 残り 456 文字)